本を買うならポイント還元で安く買おう

映画『翔んで埼玉』を関西人が見た感想 関東人じゃなくても面白い

翔んで埼玉感想EC

『翔んで埼玉』という映画をご存知ですか?

 

『空前絶後のディスり合戦開幕!』がキャッチフレーズというクレイジー感。

関東地方ディスの雄、埼玉県をちゃんちゃらおかしく描いたコメディー映画です。

GACKTが高校生役をする、というだけで面白そうなので見に行ってきました笑

 

 

僕は昔東海地方に住んでいて、今は関西に住んでいます。

関東地方に住んだことはないので関東地方のネタとか、地理とかはあんまりわかりません。

それでも十分笑い、楽しむことができました。

関東地方にあんまり縁のない方にもおすすめです。

 

翔んで埼玉のあらすじ

その昔、埼玉県民は東京都民からそれはそれはひどい迫害を受けていた。
通行手形がないと東京に出入りすらできず、手形を持っていない者は見つかると強制送還されるため、
埼玉県民は自分たちを解放してくれる救世主の出現を切に願っていた。

東京にある、超名門校・白鵬堂学院では、都知事の息子の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)が、埼玉県人を底辺とするヒエラルキーの頂点に、生徒会長として君臨していた。
しかし、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)の出現により、百美の運命は大きく狂い始める。

麗は実は隠れ埼玉県人で、手形制度撤廃を目指して活動する埼玉解放戦線の主要メンバーだったのだ。

引用:翔んで埼玉公式HP

読んだだけで『あっ、ネタ系だな』とわかるあらすじ。

『息子の壇ノ浦百美(二階堂ふみ)』とか息子なのか娘なのか全くわからない、と思ったら『アメリカ帰りの高校生(GACKT)』とかあらすじだけで笑えます。

ちなみに公式HPのあらすじはもう少し長くて、ちょっとネタバレが多いので見ていない方はここら辺のあらすじまでの方が楽しめると思います。

翔んで埼玉の感想

繰り返しになるんですけど関東ネタがわからなくてもちゃんと楽しめます。

(わかった方がより面白いとは思いますが)

 

サクッとした感想のポイントはこんな感じです。

  • 序盤・中盤は独特の世界観と埼玉ディスが面白い
  • GACKTと京本正樹の存在感に笑う
  • エンディングはこれでもかとオチを入れてくるので少しクドイ
  • スタッフロールは必ず見た方がいい

 序盤・中盤は独特の世界観と埼玉ディスが面白い

序盤から日本であって日本ではない、独特の世界観にあっという間に引き込まれます。

超一流高校という設定だけならよくある設定ですが、そこに露骨な地域ディスが入るだけでこの映画だけの世界が出来上がっていて面白い。

 

 

序盤の舞台となる、白鵬堂学院は住んでいる地域によって生徒のランクがつけられています。

A組、B組などと分かれているのですが上位ランクのノリは宝塚系。埼玉県出身者(Z組)はボロ小屋と極端に分別されています。

 

そんな中登場するGACKT、どの世界観にも属さない、異彩を放つキャラクターとして登場します。

 

GACKTのキャラクターがいたって真剣なのがまた笑かしてくれます笑

少しネタバレになるのですが埼玉県の踏み絵ができないGACKTのシーンなんかほんとシュールです笑

 

 

少し早いペースで物語が展開していきますが笑いをちょくちょく挟んでいくことであっという間に物語を入り込んでしまいます。

 

GACKTと京本正樹の存在感に笑う

有名俳優・女優や変なキャラクターはたくさん出てくるのですがやはりGACKTと京本正樹の存在感が別格。

特殊な世界の中でも二人だけ完全に浮いていました笑

 

でもそんな二人がいるからこそいろんな展開に持っていけるのだと思います。

ガチガチにカッコつけられるキャラクターがいるだけでシュールな笑いも取れるし真剣な展開にも持っていけるし、この二人なしでは作品が成り立たないのではないかなー。

 

個人的には序盤・中盤が一番面白かったのですがこれが違う役者さんならこんなに笑わなかったと思います。

 

あと個人的にはGACKTがそこそこ好きなんですが、最近胡散臭い話題が多くてちょっと心配だったんです。

でもなんだか普通の俳優として仕事していたので安心してしまいました。

 

エンディングはこれでもかとオチを入れてくるので少しクドイ

終盤にかけては割とシリアスな展開になっていくので笑いはあまりありません。

というより『東京は悪、地方だって素晴らしい』というような展開になってくるのでちょっと主題とは外れてきます。

 

個人的には序盤のようなギャグよりで終始して欲しかったですが、やっぱり映画ではちゃんとの盛り上がりが必要なのかなーと思って見てしまいました。

 

そしてエンディングに向かいます。

エンディングは大オチを何度も持ってくるような構図になっていて少し胸焼けしてしまいました(楽しんでいる人もいたので意見が別れると思いますが)

 

これで終わってしまうとちょっと残念かなー、と思いつつスタッフロールが始まります。

 

スタッフロールは必ず見た方がいい

で、この映画なんですけど主題歌がはなわの『埼玉の歌』なんですよね。

はなわって久しぶりに聞いたんですけどずっと同じスタイルでやってるんだなーと感心してしまいました笑

 

出るわ出るわ埼玉のディスりが笑

 

『最初のようなディスりが面白かったのになー』と思っていた僕にはピッタリでした。

『そうそう、そういうしょうもないディスりが面白かったんだよー』と思いながらスタッフロールをずっと楽しめます。

 

ギャグ路線を楽しみにきた人はおそらく後半の展開はそんなに楽しめないと思います。

だからこそスタッフロールの埼玉の歌でしっかり笑って帰れるのはとてもいい構成だと思いました。

 

 

総括の感想

個人的に後半の展開はそんなに好きではありませんでしたが、全体としてよく笑える良作映画だったと思います。

ギャグ系の映画ってほとんど見ないんですけどついつい笑ってしまったので、邦画&ギャグ映画を毛嫌いしている人にもオススメできます。

 

ただ、スタッフロール(というかはなわの歌)なしではこの映画は語れません。

DVDで見るとスタッフロールを飛ばしてしまう方、多いと思います。

しっかり世界観を掴んだ上でスタッフロールを見れる、映画館の方が楽しめる映画ですよ。

 

原作の『翔んで埼玉』も読んでみました

翔んで埼玉キンドル購入

映画鑑賞後、原作がどんなものなのか気になって調べたら結構安くで買えたので買ってKindleで読んでしまいました。

 

3話100ページくらいの漫画なので30分くらいで読めるのですが徹底して埼玉や茨城などディスりをしていて(やっちゃダメな)笑いをしてます。

 

3話だけで完結もしていないのが残念。でもとても面白かったです。

映画より過激なシーンもたくさんあるので気になった方はぜひ読んでみてください。

 

 

翔んで埼玉【電子書籍】[ 魔夜峰央 ]
created by Rinker

 

映画『翔んで埼玉』見て良かった

つらつらと感想を書いていきましたが楽しい時間を過ごすことができました。

後元気なGACKTが見れて良かった笑

 

今話題の映画ですし、関東に縁のない僕でも十分楽しめたのでお時間ある時にぜひ観に行ってみてはいかがでしょうか。

もっと詳しい情報が見たい方はぜひ『翔んで埼玉』の公式HPをご覧ください。

 

翔んで埼玉【電子書籍】[ 魔夜峰央 ]
created by Rinker

以上、『映画『翔んで埼玉』を関西人が見た感想 関東人じゃなくても面白い』でした。

Amazonで安く買える秘密

Amazon charge
Amazonでお買い物するならAmazonギフト券をチャージして支払った方がお得です。

チャージした金額に最大で2.5%のポイント還元がつくので普通に買うよりお得なんです

Amazonで買い物される方は絶対にお得です。

アマゾンで買う前にやっておくべき

ポイントゲット方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です