本を買うならポイント還元で安く買おう

失敗しないパウダービーズ詰め替え ビーズクッションのヘタリを復活させよう

ビーズクッション詰め替え eyecatch

パウダービーズを使ったビーズクッション、最高ですよね。

体へのフィット感と柔らかさでフワッと僕たちの身体を包んでくれます。

 

ただ、長く使ってくるとビーズがへたってきてしまいます。

 

我が家も色々使ってきたのですが、やはり長く使うとヘタってきてしまいました。

このヘタリを復活させて、あの気持ち良さを取り戻したい・・・。

 

どうすればいいか・・・。

 

 

ぶっちゃけ買い換えるのが一番楽です笑

ですが、いいクッションほど高いもの。できればお金をかけたくはないものです。

 

 

大切に使いたいならパウダービーズの詰め替えを行いましょう。

作業自体は大変ですが、やればしっかりと復活してくれます。

 

先日我が家でも詰め替えを行ったのでやり方や反省点など、ビーズクッションを復活させたい方に知ってほしいことを紹介します。

ステップ①詰め替えに使うパウダービーズを買おう


まず最初に詰め替えに使うパウダービーズを買いましょう。

 

純正品があるならそれが一番だと思いますが、ない場合はこちらのパウダービーズがオススメ。

 

 

MOGUというメーカーのパウダービーズです。他の詰め替え用に比べると安価なマイクロビーズですが、質感が良くて十分満足できます

家にMOGUの抱き枕があったので、今回こちらのビーズを購入して詰め替えを行いました。

 

注意すべきポイントは500gという重さ

これなんとも言えない量です。

 

抱き枕や普通のクッションを補充する分には十分かもしれませんが、大きなクッションでへたりまくってると足りないかも。

 

まあ余っても仕方ないので一つだけ買うことをオススメします(うちは一個丸々余ってしまいました・・・)

 

ステップ②ビーズクッションの詰め替え口を開く

次にビーズクッションの詰め替え口を開きます。

ビーズクッションって中のビーズが溢れてしまうとかなり面倒なので詰め替え口も頑丈に作られています。

 

ファスナー付きのものは開くための金具がかなり取り出しにくくなっていたり、そもそも詰め替え口がないものもあります。

(詰め替え口のないものはハサミなどで穴を開け、その後しっかりと縫い付ければなんとかできます。でも自己責任でお願いしますね)

 

ここに案外時間をとられます。根気よくいきましょう。

ステップ③ビーズクッションにパウダービーズを入れていく

ビーズクッション詰替

ここでパウダービーズを入れていきます。

写真のようにダンボールの中で詰め替え作業をすると掃除が楽になるので詰め替え用は通販で買うのがオススメ。

 

 

 

普通に入れて行くだけなので作業自体が難しいとかそういうことはありません。

ただ、この作業がかなーり大変。

 

大変なポイントを紹介します。

 

パウダービーズが軽く、重力で落ちない 。時間がかかる

パウダービーズはかなり軽いので普通に上から落としても少ししか入っていきません。

少しずつ少しずつ入って行くのでかなり時間がかかります。

 

しかも静電気が発生するので上から落ちないことも。

程よい力で押し出してあげないといつまで経っても終わりません。

 

ずーっと作業することになるのでかなり根気と時間が必要です。

 

勢いよく入れると飛び出る。掃除が大変

逆に勢いよく力で押し出すとパウダービーズが飛び散って周りに舞います。

ものすごいゴミになるので僕たちはダンボールの中で作業しましたが、それでも部屋にいくつか舞ってしまいました。

 

このパウダービーズ、やっかいなことに我が家の掃除機ではうまく吸えませんでした。

というかパウダービーズが静電気で掃除機にくっついてしまいます。

 

今回抱き枕一つと普通のクッション三つを詰め替えたのですが、詰める作業だけで2時間くらいはかかってしまいました。

 

ステップ④散らばったパウダービーズを掃除する

ビーズクッション詰替掃除

一通り詰め終わったらパウダービーズを掃除します。

 

さっきのステップでも書いたのですが掃除機では吸えないのである程度の工夫が必要です。

 

試行錯誤して行く中で掃除のためのいい方法を2つ見つけたので紹介します。

パウダービーズの掃除方法①:水で濡らす

パウダービーズの静電気を水でとってしまう方法です。

水に濡らした後丸ごと拭き取ってしまうのが比較的楽に取れます。

 

ただ、あらゆる場所を水で濡らすのも結構大変。

また水に流すと環境に悪影響を与えるので水で流さないようにしましょう。

マイクロプラスチック問題と言って細かなプラスチックが海の大きな環境問題になっています)

 

 

なので一番楽で環境思いなのは次の方法かと思います。

パウダービーズの掃除方法②:ホコリ取りのローラーでとる

ビーズクッション詰替対策

ついでにうちのゴミも綺麗に取れました

 

カーペットなどに使うホコリ取りのローラーを使うとかなり楽に取れます。

コロコロとするだけで床に落ちているパウダービーズがくっついてくれるのでかなり簡単。

 

ない場合はガムテープなんかでも代用できます。でもローラーの方が圧倒的に手間がかからないので詰め替え前にはローラーを必ず購入しておきましょう。

 

IRIS アイリス カーペットクリーナーハンディミニ (1箱=1個) 【4022629】 CNC20M 【粘着ローラークリーナー】
created by Rinker

ステップ⑤ビーズクッションの詰め替え口をしっかり閉める

最後は詰め替え口をしっかりと閉めましょう。

ここをよく閉めないとパウダービーズが出てきてしまいますからね・・・。

おそらく掃除をした方ならこんなことを言わなくてもしっかり閉めると思います笑

(それくらい掃除が面倒)

 

 

以上でおしまいです。

ビーズクッションの詰め替えで失敗したこと

今回初めて詰め替えを行ったのですが失敗したなと思ったことがありました。

詰め替え用を多く買いすぎない。500g一つで十分

ほとんどの方はビーズの重さを言われてもわかりません。

500gがどれくらいか・・・完全に主観ではありますが、想像よりは多いので買うなら一つにしましょう。

 

半分くらい詰め替え用が残ったら本当に無駄になってしまいますからね。

どうしても足りなければ一つ買い足すくらいで良いと思います。

 

想定よりはるかに時間がかかった

詰め替え作業1時間くらいで終わるだろうと思っていましたが詰め替えに2時間・掃除に1時間くらいかかりました。

特に詰め替え作業は思ったより進みません。

 

時間のゆとりがあるときに作業することを強くお勧めします。

 

広いスペースでやるべきだった

詰め替え作業も大変ですが掃除も大変です。

作業用のスペースも作らずに詰め替えをしてしまったので、ビーズが舞ったときに壁についたり、ものの裏に隠れてしまいました。

 

広いスペースでやればこぼした分は床に全てあるはずなのでかなり掃除が楽になります。

ちなみに広いスペースでやるにしてもダンボールはあった方がいいです。

 

最後に

今回自分で実際に体験したことを書き起こしてみたのですが2回目はやりたくないかなーと言うのが正直なところです笑

仕事終わりにやっている自分が悪いのですが、結構しんどかった。

ただもう一袋詰め替え用が残っているのでいつかもう一度やると思います(やりたくない)

 

 

買い直すお金があるのであれば買う方が正直早いし手間もかかりません。

 

無印の商品が有名ですが、アマゾンでも色々な商品が安く売られているのでそちらを検討してみるのも良いかと思います。

無印良品でビーズクッションを探す

アマゾンでビーズクッションを探す

 

 

いや!やるんだ!

詰め替えて大切に使うんだ!

 

と言う方はぜひ詰め替え用ビーズと掃除に必須のローラーを選んでみてください。

 

 

IRIS アイリス カーペットクリーナーハンディミニ (1箱=1個) 【4022629】 CNC20M 【粘着ローラークリーナー】
created by Rinker

 

 

お得にお買い物をするならアマゾンプライム、ヤフープレミアムがオススメ。

安価な物はアマゾンプライムで送料無料、高価な物はヤフープレミアムでポイントをガッツリもらいましょう。

Amazonで安く買える秘密

Amazon charge
Amazonでお買い物するならAmazonギフト券をチャージして支払った方がお得です。

チャージした金額に最大で2.5%のポイント還元がつくので普通に買うよりお得なんです

Amazonで買い物される方は絶対にお得です。

アマゾンで買う前にやっておくべき

ポイントゲット方法